KOU'sLIFE

情報と趣味の時間

トロッコ問題/トロッコ問題の本質・トロッコ問題解答?!

こんにちはKOUです!

KOU'sLIFE (@KOUKOUKOU99) | Twitter

 

皆さん「トロッコ問題」ってご存じですか??

今話題ですよね!!!山口県の小中学校で「トロッコ問題」についての授業を行ったことで叩かれ炎上しましたね?

 

mainichi.jp

 

私は昔この「トロッコ問題」について考え、そして調べたことがあります。

そして今回のこの記事を見て私は色々と考え思った事があります。

 

本当に叩かれるべき問題だったのか。本当に必要な教育なのか。

 

私なりに考えていきたいと思います。

 

今の20代、30代の方それよりも若い方、恐らく私たちは働いていく中でこの「トロッコ問題」について必ず考えなくてはいけない時が必ず来ます。是非読んでいただければ幸いです。

 

 

 

 ロッコ問題とは

f:id:nkmarvel:20191003184945j:plain

 

ロッコ問題とは:「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学思考実験

人間がどのように道徳的ジレンマを解決するかの手がかりとなると考えられており、道徳心理学神経倫理学では重要な論題として扱われている。

参考

トロッコ問題 - Wikipedia

 

  • 論題

f:id:nkmarvel:20191003184247j:plain

それでは実際に見ていきましょう。

上の図のような状況が論題です。「暴走したトロッコの先には5人の作業員がおり、線路を切り替えれば1人の作業員がいます。この時あなたは線路を切り替えますか?」

 

「踏切を切り替えれば、5人は助かるが1人は犠牲になる」「踏切を切り替えなければ、1人は助かるが5人は犠牲になる」「自分はその状況を知っているため、何もしなくて5人犠牲になっても自分は本当に悪くないのか」

 

絶対絶命ですね!!!「こんな事言われても・・・・」と言う方いらっしゃるかと思います。

 

しかし、今回は「あなたはどうしますか?」と言うことに注目して欲しいのです。

 

あなたはどうしますか?

この論題について多くの意見で別れています。

www.youtube.com

 

 

多数派:『踏切を変えて5人を助けて1人を死なせる』

少数派:『踏切を変えずに5人を死なせる』

 

やはり5人を助けると言う人が多いいのがわかります。

 

  • 多数派(線路を切り替える)

多数派の意見

「線路を切り替えれば、犠牲は1人で済む。」「1人より、5人を救った方がいい」

と言う意見が多い。

 

要するに

人の命の数(人数)で選ぶ・周りからの評判や「〜するのはいい事」という考え方が多いと見て取れる。

 

  • 少数派(線路を切り替えない)

少数派ほ意見

「私の責任で1人が犠牲になってしまうなら、線路を切り替えない。」「何にもしなかったら、1人は助かるのだからわざわざ犠牲にするのは可哀想だ。」

と言う意見が多い。

 

要するに

責任から判断する・自分の責任は嫌だ・「〜することは悪い事」という考え方が多いと見て取れる。

 

 

もう一度聞きます。皆さんはどのような答えですか?

難しいですね。

 

矛盾(ジレンマ)

 

f:id:nkmarvel:20191003201800p:plain

気づいた方はいますか?そうこの問題には矛盾(ジレンマ)が生じることがあるのです。

おそらく多数派(線路を切り替える)の人たちに『5人が犯罪人で、1人がアインシュタインのような偉人だったら』と言うと多数派の人たちは「線路を切り替えない」という意見に変わるでしょう。

 

また、

 

逆に『5人が偉人で、1人が犯罪人だったら』どうでしょうか。少数派(線路を切り替えない)の人たちは「線路を切り替える」に意見が変わるでしょう。

 

さっきまでの考え方はどうしたのでしょうか??

矛盾(ジレンマ)が生じていますね。

そう!!!ここが大切なのです!!!

 

人間は今、人の『命』を無意識のうちに『天秤に掛けて』しまっていたのです!!

f:id:nkmarvel:20191003202737p:plain

 

この『トロッコ問題』は人の『命』『天秤に掛ける』こと。つまり、『1人の人間が他人の命に価値をつけてしまっている』ということが問題であるのです!!!

 

もう気づいた方いらっしゃるかと思います。

この問題には『答えがない』のです!!

 

では本題に入ります。

 

ロッコ問題は教育に必要か

f:id:nkmarvel:20191003205100j:plain

今回山口県の小中学校でこの『トロッコ問題』についての授業を行ったことで、「命を粗末にしている」「残酷」という理由で「授業に不安を感じている」などと批判されています。

また、この授業を行った先生は「道徳教育」の一環として授業を行ったそうです。

 

しかし中には「このような道徳授業は必要だ」という人もいます。

 

皆さんはどちらの意見ですか?

 

私はこのニュースを見たときに「あ。日本だな。」と思いました。

今回の問題は倫理的・道徳的・感情的と、学校・教育という観点から「これは良くない・真面目じゃない」という日本固有の真面目思考・固定観念から生まれたのだと思いました。

 

私はこの『トロッコ問題』はとても大切な授業だと思います。

 

今回の「命の価値付け」「人が死んでしまう」ということについての批判は理解できます。小学生や中学生には確かにショック(刺激が強い)な話かもしれません。

しかし!!!

このトロッコ問題の本質に目を向けて欲しいと思いました。もし人の命じゃなく別のものだったら良かったのではないでしょうか?

 

  • 1人の宝物のiPhoneと5人それぞれの宝物のiPhone

f:id:nkmarvel:20191003212708j:plain

「ブレーキが壊れている電車の先には5人の宝物であるiPhoneがります。線路を切り替えれば1人の宝物のiPhoneがあります。このときあなたは線路を切り替えますか?

 

この質問だったらどうでしょうか?

「命じゃないから条件が違う」という方もいるかと思います。

しかし、この6個のiPhoneにも6人それぞれの思い出などがあり、6人それぞれの価値観が存在します。

 

それを私たちは天秤に掛けられますか?iPhoneの単価で価値を判断しますか?

 

このように授業で使ったらよかったのでは?と思いました。

 

なぜ、ここまでしてこの『トロッコ問題』の授業が大切なのか。

それはこれからのテクノロジー時代に同じ状況が起こって来るかもしれないからです。

 

それは『AI』『自動運転』です。

 

これからのトロッコ問題

f:id:nkmarvel:20191003222928j:plain

これから『AI』『自動運転』が進んできます。『自動運転』については2020年には実装されますね。

 

www.kouslife.com

 

 ご察しできたでしょうか?

 

もし、この『トロッコ問題』『AIを搭載した自動運転車』で起きたら。

 

f:id:nkmarvel:20191003223449p:plain

「自動運転車には乗車している人がいません。AIが自動運転車を運転しています。赤信号で子供1人と成人2人が飛び出してきました。その3人を避ければ、青信号で渡っている成人1人と老人2人を引いてしまいます。」

 

このとき人間なら、「子供はかわいそうだから・・」「信号を守っている人を犠牲にするのは・・」と判断し始めるでしょう。

 

つまり!!感情や常識、倫理的・道徳的観点から判断すると思います。

 

しかし、AIに感情はありません。倫理感も道徳感もましてや価値などを判断する感覚もありません。

f:id:nkmarvel:20190907114633j:plain

AIには数値などの多くのデータ(情報)からでしか判断できないのです。

 

  • AIの判断による自動運転と責任

このようなときAIはどのように判断するのでしょうか。

もし『数値』でしか判断しなかったら?『効率』でしか判断しなかったら?

『自分が自動運転車に乗っていたが操作ができなかった?』

 

そして、青信号を渡っている成人1人と老人2人を引いてしまったら誰の責任なのか?

「AIの開発者?」「自動運転車両を開発、販売した人?」「たまたま乗ってた人?」

 

確かに信号無視をしてきたのは悪いことです。しかし、AIが避けると判断したら?

AIの開発者は確かにAIを作ったが、学習し判断したのはAIだ。

 

誰がこの問題を裁けるのか。果たして正しく裁けるのか。AIに判断させてしまってもよかったのか?

 

私たちはこれらの問題に直面したら、どのように判断しなければいけないのか。

これが今の問題でありこれからの問題でもあるのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?果たして本当に『トロッコ問題』は 授業でやらない方が良いのでしょうか。

もし先生が「これからのテクノロジー時代このような問題に直面することがあると思います。そんなとき判断は本当に機械に委ねていいのかを考えていくことが大切ですね。皆さんはどうしますか?」と言ったら、その授業はとても大切なことを教えていると思いませんか??

「倫理と道徳」について「感情や倫理感、道徳感があることが人間の強み」という教育もできます。

「授業で扱わない方がいい」という方もいるかと思います。

しかし私はこれからの時代必ず人類は機械(AI)との問題に直面してくると思います。

この『トロッコ問題・自動運転車バージョン』AIの「ディープラーニング(深層学習)」によって解決されていくのでしょう。

 

しかし、全てを機械(AI)に委ねていいのか。AIに人間の命を天秤にかけさせていいのか。生殺与奪の権利を持たせていいのか。

 

だから私はこの『トロッコ問題』を別の形でも授業で扱うことは必要だと思います。

 

あくまで私個人の意見ですが……。

 

最後までありがとうございました。